2016/04/04

Indian Light

珍しくインディアンパーツが続きます。
48以降で採用されるヘッドライトですが
ハーレーより1年先にシールドビームが登場しています。
形はそれまでのモトランプから丸みを帯びた形に変わります。
テレスコフォークとの相性がよいですね。

余談ですがハーレーも48年にはグライドフォークが完成していたが
スプリンガーフォークの在庫が大量に残っていて
グライドフォークの登場を1年遅らせたと言う噂もあります。
それに伴いこの手のパーツの登場も1年遅れをとり
結果的にインディアンとしては先にシールドビームを採用したことに
なったのでしょうか。
http://sonnymotor.com/